イラク自由会議(IFC)と共につくる平和メディア「SANA」衛星テレビを広島からサポートしています!


by hiro_sana
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「イラク平和テレビ局inJapan・広島」から上映会の開催をご案
内をさせていただきます。

「イラク占領に立ち向かうー真実を映す民衆メディア・サナテレビ」
と「アメリカ帰還兵(IVAW)イラクに誓う」の二本を上映します。

また、上映後、全交広島実行委員会をもちます。

今年の「平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)」は第40
回の記念大会で大阪開催になります。全交全国実行委員長の山
川義保さんの来場が予定されています。今年の大会の概要と位置
づけを提起してもらい、広島からの参加を討議したいと思います。

お誘い合わせの上、多数ご来場下さい。

イラク平和テレビ局inJapan・広島
http://hirosanatv.exblog.jp/
イラク平和テレビ局inJapan
http://peacetv.jp/
平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)
http://www.zenko-peace.com/

【以下転送・転載歓迎】

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  <5/23> SANAフィルムフェスタin広島
「占領に立ち向かう~真実を映す民衆メディア・サナテレビ」
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
■日時: 2010年5月23日(日)14:00~16:00
■場所:アステールプラザ(中会議室)
   広島市中区加古町4-17(℡082-244-8000)
     http://www.cf.city.hiroshima.jp/naka-cs/
■上映作品:
①「イラク占領に立ちむかう
   ~真実を映す民衆のメディア・サナテレビ~」
       (イラク平和テレビ局inJapan:40分)
②「アメリカ帰還兵(IVAW)イラクに誓う」
       (マブイシネコープ:26分) 
■全交広島実行委員会
   報告:山川義保さん(全交全国実行委員長)
   質疑~意見交換
■参加費:一般:800円 障がい者・学生500円
■主催:イラク平和テレビ局inJapan・広島
     http://hirosanatv.exblog.jp/
■問い合わせ先:090-8602-4232(ヒナダ)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<補足>
①「イラク占領に立ちむかう
   ~真実を映す民衆のメディア・サナテレビ~」

 米軍による7年間にもわたる占領の下で、100万人以上と

言われるイラク人の命が奪われ、市民生活は破壊された。

2007年5月、そのイラクに自由と平等を求める市民のテレビ

局が開局された。それがサナ衛星テレビ局(「サナ」は光と

いう意味)である。

 サナテレビは、占領下における米軍の市民爆撃の実態を全

世界に明らかにした。安全を奪われ、失業と貧困に苦しむ労

働者、難民、女性、子どもたちの生活の真実を伝えた。そし

て、占領軍の撤退と宗派主義勢力の暴力一掃をめざし、マリ

キ腐敗政権に立ち向うIFC(イラク自由会議)や労働組合の闘

いを全国民に紹介し、人々が進むべき道筋を指し示している。

 自由で勇敢な独立テレビ局・サナテレビの映像が全世界の人

々にイラク民衆との連帯を訴える。


②「アメリカ帰還兵(IVAW)イラクに誓う」
 2003年アメリカ陸軍兵士としてイラクに派遣されたアーロン・

ヒューズは、そこで多くの不正義と人間破壊の現場を目の当た

りにする。帰国後、IVAW(反戦イラク帰還兵の会)の活動に参

加した彼は、2009年3月、再びイラクを訪れる。かって銃口を向

けた人々を前にして彼は誓う。「許しを請うのではなく・・・」

(ここまで)
[PR]
by hiro_sana | 2010-05-10 22:35 | 広島のイベント