イラク自由会議(IFC)と共につくる平和メディア「SANA」衛星テレビを広島からサポートしています!


by hiro_sana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本日の新聞記事から

国際映像祭広島会場を開催した3月10日の午後、広島市役所市政記者会で記者会見をしました。その時の取材が、本日の朝日新聞朝刊ローカル面に掲載されました。


(以下貼り付け)

イラク・韓国の市民メディア関係者が来広

日本の人たちと連帯を期待

日本の市民団体が全国で開いた「第二回戦争と貧困をなくす国際映像祭2010」に参加するため、SANA衛星テレビ局(イラク)のアザド・アフマド局長(38)が来日し、広島市役所で10日、記者会見した。同局は米国との戦争による荒廃からの再建に取り組む平和団体・イラク自由会議を中心に設立され、アフマド氏は現地で録った映像も公開した。

2003年3月の開戦から7年たったイラクでは今年3月に総選挙が実施されたが、多くの市民が犠牲になるテロは収まらず、失業率も6~7割と極めて高い。被爆地・広島の復興ぶりに元気づけられたというアフマド氏は「今、イラクには米国の同盟国の企業が次々と入り込み、民衆を搾取しようとしている。日本の人々が自分たちと力を合わせ、立ち向かってくれることを期待している」と語った。

SANA衛星テレビ局制作の番組は、「イラク平和テレビ局inJapan」のホームページ(http://peacetv.jp/)でも見られる。一部有料

会見には韓国で昨年設立された市民メディア「フルプロダクション」のプロモーター、金銀植さん(39)も同席。日韓共通の課題である非正規労働者の雇用問題や非核への取り組みなどを「日本の市民と連帯しながら、国際的な視点で報じていきたい」と語った。

(加戸靖史)

(ここまで)
[PR]
by hiro_sana | 2010-03-24 21:18 | 広島のイベント
イラク開戦7周年・全占領軍の即時撤退!
沖縄・普天間基地撤去! 基地はどこにもいらない!
貧困を生みだす「労働者派遣法」撤廃!
戦争と貧困をなくす3.20国際共同行動

すべての占領軍を撤退させよう!
イラク開戦から3月20日で7周年。100万人を超える民衆が殺され、今なお軍事占領下で人々への抑圧や空爆が続いている。オバマ大統領は、アフガニスタンへの増派を決定。イラクからは2011年に全面撤退すると発表したが、そのプロセスはいまだに示されていない。3月7日に行われたイラク国民議会選挙は、、政権に就いている宗派・民族政党の支配正当化のための暴力と不正に満ちた政治劇でしかなかった。イラク占領が、宗派・民族政党による利権争い、犯罪や人権侵害が満ちた荒廃した社会をつくり出したのだ。

IFC(イラク自由会議)は、政教分離・自由・平等の社会をめざし、「安全・パン・自由を実現する暫定政府の樹立」を打ち出し、世界の民衆と連帯し闘いを進めている。占領の下で3月19日にデモや集会、風刺画展、ドキュメント映画上映会など様々な取り組みを展開している。イラク自由会議はSANA 衛星放送で占領の本質を暴き、民衆の生活と闘いを伝えイラクの民主的再建へ大きく前進している。SANA衛星放送を支援しよう。

現在イラク戦争を検証する動きが始まっている。オランダでは、独立調査委員会が「イラク戦争は国際法違反」と断じ、イギリスでは、議会の公聴会にブレア元首相が喚問された。日本でも検証を求める声と取り組みが開始されている。日本政府にイラク戦争検証機関を設置させよう!

イラク開戦と占領に参加した37の国はことごとく撤退し、今やアメリカ1国だ。参戦した政権も次々に政界から追いやられた。戦争屋たちは追い詰められている。イラクから全占領軍を撤退させ戦争をさせない世界と社会を作り出そう。

軍事基地はどこにもいらない!
鳩山政権は、沖縄・普天間基地の「移設」先として「キャンプ・シュワブ陸上案」「ホワイトビーチ案」と沖縄の県内移設を打ち出した。政府は「抑止力」のために海兵隊が必要と言うが、イラク・アフガニスタンをはじめ米国の世界侵略のための殴り込み部隊であり、存在そのものを否定しなければならない。、鳩山政権は米軍と自衛隊との軍事一体化をめざし、海外派兵・軍事大国化路線を強め日米軍事同盟を深化させようとしている。絶対許してはならない。日本の基地を、米軍と自衛隊の出撃基地にさせてはならない。

世界一危険と言われる普天間基地は「移設」ではなく「無条件撤去・全面返還」しかない。名護市長選挙で辺野古移設反対の稲嶺進市長の当選、2月24日沖縄県議会での「米軍普天間飛行場の早期閉鎖・返還と県内移設に反対し、国外・県外移設を求める意見書」が全会一致での可決など、民意は明らかである。軍隊では市民は守れない。非武装・非戦で地域と軍事政策を変えていく運動が今こそ求められている。今こそ「普天間基地即時閉鎖!撤去。」「軍事基地は沖縄県内にも県外にもグアムにも、どこにもいらない」の声を大きくあげ、基地の撤去を実現しよう!

今、「労働者派遣法」の撤廃を!
戦争は貧困を生み出し、貧困が戦争を支えている。米国の若者の多くが、貧困を理由に軍隊に入隊している。グローバル資本が世界中で、戦争と雇用破壊・失業をつくりだし、日本でも多くの若者が非正規雇用を強いられ、貧困に苦しめられている。いまパナソニックPDPの偽装請負を告発した吉岡力さんはじめ、解雇・失業攻撃と闘う多くの労働者の共闘が広がっている。鳩山政権の労働者派遣法「改正」は、グローバル資本に、今後も派遣労働者を使用してよい、とお墨付きを与える悪法だ。現代の「人身売買」―派遣という非人間的な働き方そのものをなくすことが当事者の切実な要求である。労働者派遣法は廃止以外にない。派遣法廃止署名を広げ、パナソニック攻めや全国の派遣労働者の裁判をつないで吉岡力さんを職場に戻そう。全ての争議に勝利しよう!派遣法廃止の大きな世論と闘いを作りだそう!


行動提起
1.イラク占領終結へイラク自由会議(IFC)との連帯を強め、国会にイラク戦争検証機関を設置させよう。
2. イラク戦争検証委員会設立の賛同人になり、全ての国会議員に要請しよう。
3.イラク平和テレビin Japanの映像を見よう。イラクの真実を知り、イラク自由会議(IFC)の運動への共感を広げよう。
4.普天間基地無条件撤去を実現させるため、基地撤去署名を大きく集中しよう。
5.15普天間基地包囲をはじめとした行動に参加しよう。
5.派遣法廃止に向け、廃止署名をすべての市民に広げよう。吉岡力さんを職場に戻すため4.2パナソニックデモに参加しよう。
6.戦争と貧困をなくす闘いに参加しよう。
[PR]
by hiro_sana | 2010-03-23 22:02 | 全国のイベント
イラク平和テレビ局 in Japan 最新ニュース 第71号をお届けします。

◎今週の配信映像をアップしました

「演劇『サヤーフの帰郷』(後編)」

後半の最初に、銃弾や砲弾の音が聞こえる中で、郵便配達人が登場します。

「夫を殺され息子が離れていった女性のことを誰か知りませんか?」と訪ね歩きます。

銃撃や砲弾の音が聞こえるところですから、一刻も早くこんな所から去ってしまいたいと、あわてている様子がユーモラスです。

しかし、これが占領下のイラクの現実です。

ようやく手紙のあて先がサヤーフの母親のジャミーラであることがわかります。字の読み書きができない彼女は通りすがりの人に必死に頼んで、手紙を読んでもらいます。

サヤーフの消息がわかったのは何年振りのことでしょうか。

ところが、手紙の差出人はサバーフとなっています。

それでも「あなたに会えなくて、とても悲しいです。できるだけ早く帰ってきます。あなたの愛する息子」と書いてあるのです。

生死さえもわからなかった息子が帰ってくるのです。

ジャミーラは不安を感じながらも、息子の帰宅を喜びます。

いよいよ息子のサヤーフが帰ってきました。

しかし、様子が変です。息子は「僕はサバーフです」と言い張ります。

服装はアメリカ風のTシャツに帽子にサングラス。そして「(アメリカ軍の)将軍と一緒に帰ってきた」と言うのです。

サバーフと改名した息子は「アメリカ軍の戦車の上に乗って帰ってきた」のです。

母親に対してサヤーフは「黒い服では美しくないよ。白とか、赤とか、ばら色とか、素敵な色が、美しくて楽しい色があるよ。」とか、「ドルならバッグに詰まっています。そのお金で変身して下さい。もっときれいになってください」と、心無い言葉を投げつけます。

息子の変わり果てた姿に驚き嘆くジャミーラ。「サヤーフはどこに言ったの?」と問いかけます。

○サンプル映像配信中。http://peacetv.jp/

◎全国各地で、SANA番組と『IVAWイラクに誓う』の上映会開催中!

 ぜひ、ご参加・ご協力ください。スタッフも募集中です。
----------------------------
イラク平和テレビ局 in Japan
http://peacetv.jp/
E-mail: info@peacetv.jp
----------------------------
◎イラク平和テレビ局 in Japan最新ニュースのバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=M0085888
[PR]
by hiro_sana | 2010-03-21 20:31
イラク平和テレビ局inJapan・広島から第2回「戦争と貧困をなくす国際映像祭2010in広島」のご案内を再送させて頂きます。

昨日、イラクからアザド・アフメドさん、韓国から金銀植(キムウンシク)さんが無事到着され、本日大阪会場で全国縦断の映像祭が始まります。

広島会場は3月10日(水)、あいにく平日の夜になりますが、ぜひ、お誘い合わせのうえ多数ご来場ください。

イラク平和テレビ局inJapan・広島
http://hirosanatv.exblog.jp/
イラク平和テレビ局inJapan
http://peacetv.jp/
戦争と貧困をなくす国際映画祭実行員会
http://www.m-shonan.jp/~ivf/

【以下転送・転載歓迎】

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
第2回 戦争と貧困をなくす国際映像祭2010in広島
The International Video Festival Against War & Poverty
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
■日時: 2010年3月10日(水)18:30~
■場所:広島市まちづくり市民交流プラザ
               (6Fマルチメディアスタジオ)
      広島市中区袋町6-36 TEL082-545-3911
   http://www.hitomachi.city.hiroshima.jp/m-plaza/
■上映作品:
①「イラクの現在(いま)と希望
           ~IFC(イラク自由会議)SANAテレビ」
       SANA衛星テレビ局制作
       イラク平和テレビ局inJapan編集)(40分)

②「The Young Moon & New Star(三日月と新星)
  ~パキスタン人アリの韓国物語~」(25分)
       監督:呉素暎/The FUL Production制作

③「未来をよこせ!職場にもどせ!~派遣法撤廃の闘い」
       国際映像祭実行委員会制作)(30分)

④公募3分作品
 (1)『インドネシア・ODAダム被害の現場から』

 (2)『ジュゴンと共に生きる地域へ』

■特別ゲスト(スピーチと質疑応答)
①アザド・アフメド(イラクIFCサナテレビ局長)
 「SANAテレビとIFCの闘いの現状」

②金銀植(韓国The FUL-Productionプロモーター)
 「韓国の民衆メディア運動」

■参加費:一般:1000円 高校生500円

■主催:「戦争と貧困をなくす国際映像祭2010」実行委員会
     http://www.m-shonan.jp/~ivf/

■広島会場問い合わせ先:イラク平和テレビ局inJapan・広島
    携帯:090-8602-4232(ヒナダ)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(((ゲスト紹介)))

【イラク】アザド・アフメドさん(イラク自由会議(IFC)SANAテレビ局長)

政教分離・民主的なイラク社会の再建をめざすIFC(イラク自由会議)と、日本をはじめ世界の市民運動グループによって2007年に創設された民衆メディア、SANA衛星テレビ局。イラクの石油を奪うグローバル企業に
対する労働者・市民の抵抗運動、生活や文化を報道しています。マスメディアの伝えないイラク占領の真実を発信中。今回は、そのSANA衛星テレビの責任者アザド・アフメドさんが来日。広島会場でも、占領下イラクで民主主義をめざすIFCの運動の現状を語っていただきます。

IFC(イラク自由会議) ※英文サイト
http://www.ifcongress.com/English/

【韓国】金銀植(キムウンシク)さん(The FUL Production)

マスメディアの情報は、それが絶対的事実であるかのように無批判に受け入れられています。特定の権力とイデオロギーが宣伝する情報によって真実は埋もれ、市民による判断は歪曲されます。これを乗り越え客観
的な報道を担保する韓国と日本の市民団体による「オルタナティブメディア」運動を目的に、日韓併合条約100年、朝鮮戦争60年を迎えるにあたり金さんが設立したのがThe FUL Productionです。これまで、長年戦後補償運動に取り組んできた彼が、この新たなチャレンジにかける思いを、広島会場でも語っていただきます。


(((作品紹介)))

◆『イラクの現在(いま)と希望-IFCサナテレビ)』
     ~SANA衛星テレビ局制作/イラク平和テレビ局inJapan編集

・米国による7年間のイラク占領は数え切れない死者と生活破壊をうみだしました。しかしその中でイラクの子どもたち、女性、若者、市民、労働者が平和で民主的なイラクの再建に立ち上がっています。IFC(イラク自由会議)が切り開いているイラクの希望を、イラク市民が設立したサナテレビの映像で伝えます。

◆『The Young Moon & New Star(三日月と新星)
             ~パキスタン人アリの韓国物語~』
          韓国 監督:吳素暎(オ・ソヨン)/The FUL Production)制作

・パキスタン移住労働者「アリ」は韓国人女性と結婚して幸せに暮しています。彼の息子は6ヶ月半大学病院の保育器で生死を彷徨っています。掃除の仕事をしている「アリ」は息子の健康を祈りながら、その一方で対テロ戦争の戦場と化したパキスタンの人々の問題を解決するため慌ただしく活動。

「アリ」は子どもと友達のためにアラーに祈る。「アリ」の子どもは果して保育器から両親のもとに帰って来ることができるのでしょうか?

◆『未来をよこせ!職場に戻せ!~派遣法撤廃の闘い~』
                       日本 国際映像祭実行委員会制作

・グローバル企業の「派遣・非正規切り」は、膨大な貧困層を生みだし社会崩壊の危機を作り出しました。パナソニックPDP争議の吉岡さんは、現代の奴隷制=派遣労働の根絶を求め、最高裁不当判決後も職場に戻る決意を新たに「労働者派遣法撤廃」を訴えます。働くことは生きていくということ。企業の雇用責任を求め立ち上がる人々の闘いは、1700万人非正規労働者だけのものではありません。すべての人の生きるための闘いです。


■公募作品
(1)「インドネシア・ODAダム被害の現場から」
               制作:コトパンジャンダム被害者住民を支援する会

・日本のODA(政府開発援助)で建設されたインドネシアのコトパンジャンダム。現地に入った支援する会スタッフが目撃した周辺住民の被害と闘いを報告する映像です。

(2)「ジュゴンと共に生きる地域へ」         制作:松島洋介

・名護市長選挙で「辺野古大浦湾に基地は作らせない」と訴えた稲垣進さんが当選。普天間基地移設問題に揺れる、この過程を現地取材し、地元の人々の思いを伝えます。
    
(((全国の開催日程と会場)))
3/6 (土) 13:00~20:00 大阪 大阪市立住まい情報センターホール
3/7 (日) 13:00~20:00 滋賀 大津市民会館小ホール
3/10 (水) 18:30~21:00 広島 まちづくり市民交流プラザ
3/11 (木) 18:30~21:00 秋田 秋田市民交流広場ALVE(アルヴェ)
3/12 (金) 18:30~21:00 名古屋 なごやボランティア・NPOセンター
3/13 (土) 13:00~20:00 東京 青山学院大学青山キャンパス
3/14 (日) 10:00~17:00 横浜 鶴見会館

(((呼びかけ・賛同人、賛同金のお願い)))

この国際映像祭を全国に広げるため、呼びかけ・賛同人を募っています。また、
経費は賛同金と参加協力チケットを基本としています。賛同金のご協力をお願
します。一口500円として複数口のご協力をお願いしています。

【賛同金の振込先】

ゆうちょ銀行振替口座へのご入金  
口座番号:00920-9-200682/国際映像祭

ゆうちょ銀行以外の金融機関から振込む場合  
店名:〇九九店/当座/0200682

(ここまで)
[PR]
by hiro_sana | 2010-03-07 17:13 | 広島のイベント
イラク平和テレビ局 in Japan 最新ニュース 第69号をお届けします。

◎今週の配信映像をアップしました

『政府の腐敗にNO!―立ち上がるトラック運転手』

2009年6月、サナテレビはマリキ政権の通商省に所属する総合食料会社のトラック運転手にインタビューを行いました。

この会社は中東最大のトラック部隊を持ち、イラク国民に配る政府の配給食料を全て運んできました。

ところが、労働者が積み荷の荷下ろしの時に賄賂を要求されたり、賃金が支払われないなどの不正が横行しています。

参入してきた民間企業が積み荷のすり替え、盗みを公然と行っています。

運転手たちはこの腐敗に反対して立ち上がりました。

このインタビューは巨大なトラックのセンターの中で行われました。

そこにたくさんのトラック運転手が集まります。

彼らは口々に自分たちの仕事がどんなに危機的な状況に陥っているかを訴えます。

トラック運転手はイラク最大の貿易港である、南部のバスラの近くのウム・カスル港に行くと、そこの職員は積み荷や荷下ろしの時にワイロを取り立てます。

監督官がいないのでやりたい放題です。

別の運転手は、トラックの積み荷のすり替えが頻繁に行われていることを告発します。

自分のトラック運転の正式記録を見せながら、イラクの南端のウム・カスル港の集荷場の責任者が荷物を盗み取り、イラクの最北部のスレイマニアでも行われています。

さらに、占領軍とマリキ政権が進めてきた民営化によって、トラック輸送も民間業者に委託されてきています。

ところがその輸送代金が少なすぎるのです。それで民間業者はどうするか?

途中で積み荷を安い粗悪品にすり替えるか丸ごと盗み取って転売して利益をかすめ取るのです。

運転手のシャキルさんは、重要な食料である砂糖をモスルに運ぶ時に、攻撃を受け、トラック4台が焼かれ、同僚のシアド・アリさんが殺された時のことを語ります。

砂漠の中で睡眠を取り、命の危険を冒しても国民の食料などの重要な物資を運び続ける労働者たちの怒りが伝わってきます。

○サンプル映像配信中。http://peacetv.jp/

◎第二回「戦争と貧困をなくす国際映像犀」本日大阪からスタート!!全国各地で引き続き開催!

広島は3月10日(水)18:30~まちづくり市民交流プラザ、マルチメディアスタジオです!

ぜひ、ご参加・ご協力ください。スタッフも募集中です。
----------------------------
イラク平和テレビ局 in Japan
http://peacetv.jp/
E-mail: info@peacetv.jp
----------------------------
◎イラク平和テレビ局 in Japan最新ニュース のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://bn.mobile.mag2.com/bodyView.do?magId=M0085888
[PR]
by hiro_sana | 2010-03-06 12:05