イラク自由会議(IFC)と共につくる平和メディア「SANA」衛星テレビを広島からサポートしています!


by hiro_sana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0147720_2139523.jpg

本日の「冬の兵士~良心の告発」広島上映会、約50人の参加を得て成功させることができました。

なお、二回目の上映時に、上映機材の不具合で大変ご迷惑をおかけしましたこと、主催者として深くお詫びもうしあげます。

イラク平和テレビ局inJapan・広島

(参加者のアンケートから抜粋)

・IVAWの活動、冬の兵士集会について知ることができとてもよかったです。知り合いにイラクのファルージャ出身の技師がいて、今はイラク国外に難民としてやむなく第三国に出ていあすが、彼らのことをこの映画の中で考えていました。

・アメリカはベトナム戦争を学んでいないように思える。日本も第二次世界大戦を忘れてしまいたいのだろう。だれも殺したくないし誰からも殺されたくないと私は思っている。30年前に見た、ベトナムを描いたドキュメンタリーで北ベトナム側から描いた映画とアメリカ側から描いた映画を見たので、今日の映画もまたぜひ見たいと思い今日ここに来ました。

・私はいつも平和公園で多くの人に平和を語りかけています。今日の映像をみてこれからもヒロシマを伝えていきます。

・イラクの現状を知ることができて感激しました。世界から戦争をなくし、子どもたちに平和な世の中で過ごさせてやりたいと思います。人々は何故殺し合いをするのでしょう。戦争をなくし、平和を熱望します。

・イラク戦争の実態がよくわかりました。

・イラクの原状復帰、及び民生の回復は米国の責任で償わねばならない。

・実際イラクで戦争(殺人)を体験した兵士たちの生々しい話を聞いて、あらためて戦争に強く反対したいと思った。

・知らないことを映像の中でたくさん見ることができてよかったです。どんな活動をされているのか知りたかったので、来てよかったです。何かお手伝いできることがありましたら、ご連絡ください。

・ある程度予想はしていたが、ベトナムと同じことをしていることが、より具体的にわかった。

(ここまで)
[PR]
by hiro_sana | 2009-03-21 21:39
from People's Weekly World (PWW)
http://www.pww.org/article/articleview/14899



(paste)

At the first International Labor Conference ever held in Iraq, three of the country’s major labor organizations announced the formation of a new labor confederation.

At the close of the two day meeting of Iraqi unions with their international allies, Iraq’s powerful Federation of Oil Unions, the nationwide Electricity Association and the General Federation of Workers Councils and Unions signed an agreement to create a new labor confederation, a step toward unifying the Iraqi labor movement as an advocate for the interests of Iraqi workers.
The conference, held on March 13-14 in Erbil in the Kurdish Region of Iraq, drew more than 200 delegates from unions and federations across Iraq and solidarity delegations from the U.S., the United Kingdom, South Africa, Japan, Australia, and Iran.

More than a year in the making, the conference drew representatives from Iraq’s oil and gas industry, its port union, the electrical generation and distribution industry, construction, public sector, transportation, communications, education, rail roads, service and health care industries, machinists and metal working sector, the petro-chemical industry, civil engineers, writers and journalists, food oil workers, tailors and students. Workers attended from fifteen of Iraq’s eighteen provinces.

The U.S. delegation of six was organized by U.S. Labor Against the War (USLAW), a network of 186 local, regional, state and national labor organizations that together represent more than five million union members. It included USLAW National Organizer Michael Eisenscher; USLAW Steering Committee Member Michael Zweig (a leader of United University Professions/AFT Local 2190); Bill Shortell, President of the Central Connecticut Labor Council; Jim Norris, President of United Steel Workers Local 675, representing oil industry workers in Southern California; and two members of Iraq Veterans Against the War, T.J. Buonomo from Philadelphia, and Aaron Hughes of Chicago.

In his address to the conference on behalf of USLAW, Michael Eisenscher said, “We recognize that the Iraqi people and labor movement have paid a terrible price to regain your freedom, to establish democratic control over your own government and over the fate and future of the Iraqi nation. We are painfully aware that it has been the government of the United States that is responsible for so much of the death, destruction, dislocation and suffering that the Iraqi people have endured. It was our government that provided the dictator Saddam Hussein with the means by which he waged war on his own people, as well as other nations of the region. And the working people of our own country have also paid dearly in both blood and money for the transgressions of our government. This conference marks an important step toward full restoration of Iraqi sovereignty, which can only be achieved when all foreign military and mercenary forces depart Iraqi soil, all foreign military bases are closed, and the territorial integrity of Iraq is fully respected by all the nations of the world.”
The conference was greeted by Congressman Dennis Kucinich (D-OH) via video recording from Washington, DC, who expressed his support for the Iraqi labor movement and reiterated his long-held belief that the invasion and occupation of Iraq constituted a gross violation of international law and that all U.S. troops should be promptly and completely withdrawn.
Hassan Juma’a Awad, President of the Iraqi Federation of Oil Union, condemned efforts by the U.S. to privatize Iraq’s oil industry through production sharing agreements that could cede control over Iraq’s oil to foreign corporations for as long as a generation. Speaking for his 25,000 members, he called for Iraq’s oil to remain under the control of the state oil company for the benefit of the Iraqi people. The conference adopted a strong resolution that described the proposed draft oil and gas law, promoted by the U.S., as “hostile to the interests of the working class and consequently all Iraqis.” It declared, “All sources of energy are the property of the people of Iraq, and no one has the right to privatize or monopolize these resources under any pretext. These resources must be used for the benefit of Iraqis and distributed equally.” It called for participation of representatives of the workers in the development of the oil and gas sector.

The conference also adopted another resolution that called for immediate enactment of a basic labor law that complies with International Labor Organization standards for the protection of the rights of workers to organize, collectively bargain and strike in unions of their own choosing, free of government interference. The U.S. Occupation Authority and Iraqi government continue to enforce Saddam Hussein’s antiunion labor law that bans unions for all public workers and employees of public enterprises, including its oil industry.

Another resolution called for an independent Iraqi state with a “non-sectarian, non-ethnic” government. It said, “One of the major steps to bring stability, peace and security in Iraq is to form a government that defines people on the basis of human identity, regardless of their ethnic, religious or sectarian background.” Other resolutions addressed the global economic crisis and privatization.

A dramatic moment in the conference occurred when T.J. Buonomo, a former U.S. Military intelligence officer, and Aaron Hughes, a former U.S. Army sergeant, took the stage to deliver their remarks. It was the first time that veterans of the U.S. military had returned to publicly acknowledge crimes committed against the Iraqi people and to apologize for their role in the economic and military occupation of Iraq. They said they were not there to ask forgiveness, but rather to take responsibility and to demonstrate their solidarity with the Iraqi people. They denounced the manipulation of intelligence, bribing of Iraqi journalists, the torture of Iraqi prisoners, the suppression of worker rights, and attempts by the U.S. government and multinational corporations to control Iraqi oil. The response was immediate, powerful, and heartfelt. One Iraqi union leader who had been considered a staunch nationalist rushed the stage to embrace the veterans. Another proclaimed that their statements had removed a great wall between the Iraqi and American people. The veterans received a standing ovation.

Summing up his estimate of the conference, Samir Adil, conference coordinator and president of the Iraq Freedom Congress, said, “This conference represents a major advance for both the unification of the Iraqi labor movement and strengthening of the international movement in solidarity with the Iraqi people in the context of the global economic crisis and consequent global and regional political changes.”

The Iraqi government considered the conference of sufficient importance that it sent an official observer, Adnan Muhammed Kadar, Minister of Labor of the Kurdish Regional Government, who welcomed the delegates. Also attending was Hardy Shakar, representative of Bang Kee Moon, UN General Secretary.

The conference created an “International Front Against Wars, Economic Blockade and Violation of Trade Union Rights” as a coordinating body to continue its work in the coming years.

Arabic and Kurdish media provided extensive coverage of the conference, including reports broadcast across Iraq and the Middle East.

(end)
[PR]
by hiro_sana | 2009-03-18 20:00 | English articles
IFC(イラク自由会議)のアザド・アフメドさんからのメールによりますと、
イラク労働者大会が終了した直後の3月16日、イラク北部クルド地
域、スレイマニアの南東、イラン国境に位置するハラブジャでIFCが広
島原爆写真展を開催し、千人以上の市民が会場を訪れました。

ハラブジャは、1988年3月16日、サダム・フセインのバース党政権が、
化学兵器を使用して5千人以上を殺戮、5千人から1万人が負傷した
という大虐殺事件がおきた場所であり、イラクでは、広島原爆の虐殺
と重ねて、「ハラブシマ」と呼ばれている町です。

イラク平和テレビ局inJapan・広島がIFCに送った原爆写真パネルを使っ
たIFCのイラク国内での原爆写真展は、昨年の十月以来、これで14会
場で開催されたことになります。

詳細は追ってお伝えします。

ハラブジャ事件については

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%83%96%E3%82%B8%E3%83%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
[PR]
by hiro_sana | 2009-03-17 23:13 | 原爆写真展関連
3月14日付け 毎日新聞ローカル面に紹介記事が載りました。

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20090314ddlk34040610000c.html

(記事貼り付け)

映画:イラク戦争開戦6年、戦争犯罪の告発描く 21日、広島で初めて上映 /広島

イラク戦争開戦6周年(20日)直後の21日、市民団体「イラク平和テレビ局inJapan」が、中区加古町のアステールプラザで、帰還兵による戦争犯罪の告発を描いた「冬の兵士~良心の告発」を広島で初めて上映する。

IVAW(反戦イラク帰還兵の会)が、昨年3月13~16日にワシントンDC近くの全米労働者大学で開催した、証言集会のドキュメンタリー作品。約50人の帰還兵が証言した。

上映は午後2時と同4時。参加協力費は500円。問い合わせは日南田さん(090・8602・4232)まで。
【井上梢】

(以下上映会案内再掲)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
        イラク開戦6周年記念
   [Winter Soldier :Iraq & Afghanistan]
  3・21「冬の兵士~良心の告発」広島上映会
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
■日時:2009年3月21日(土)
    一回目上映 14:00~15:20
    二回目上映 16:00~17:20
■場所:アステールプラザ(中会議室)
  広島市中区加古町4-17TEL:082-244-8000
      ※平和公園から南へ徒歩5分
   http://www.cf.city.hiroshima.jp/naka-cs/
■上映作品
  「冬の兵士~良心の告発」(字幕スーパー80分)
第一章「戦闘モラルの崩壊」
   第二章「銃口の先に見えたもの」
   最終章「軍隊という監獄」
  ※DVD製作 冬の兵士製作委員会 代表 田保寿一
   http://wintersoldier.web.fc2.com/wintersoldier.html
■参加協力費:500円
■主催:イラク平和テレビ局 in Japan・広島
     http://hirosanatv.exblog.jp/
■問い合わせ先:090-8602-4232(日南田)まで
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
(ここまで)
[PR]
by hiro_sana | 2009-03-15 23:23 | 広島のイベント
どすのメッキーさんのブログから

http://homepage2.nifty.com/mekkie/peace/peaceidx.html

(転載)

兵士一人ひとりにも取り替えられない人生がある 

~ DVD「冬の兵士」を観て ~

田保寿一さんの誠実な編集が感動的な「冬の兵士」を、観ました。

 いかなる主張であれ、選択であれ、その行き着くところは、個人一人ひと
りの命でなければならないと思います。平和は、抽象的なものであってはい
けませんし、平和を求める意志は、たとえ憲法があろうとなかろうと、それ
が現実的であろうとなかろうと、わたしやあなた個人の情熱から生まれるも
のでなければなりません。

 イラクで殺された子ども達一人ひとりに名前があり、短くても取り替えら
れない人生があるように、イラクで人を殺してしまった兵士一人ひとりに
も、取り替えられない人生があります。

 DVD「冬の兵士」は、その事実を、平和運動に参加していると自称する
わたし達でさえ、ときに実感を失っている事実を、強い説得力で語りかけて
きます。

 人間が、自分の意思に反して進路をかえたり、能力の発揮を妨げられる
時、そこに暴力がある、とガルトゥングの平和学は教えます。最大の暴力が
戦争であることは論を待ちませんが、その暴力は、戦闘行為の直接の犠牲者
だけにあてはまるものではありません。戦争は国家が行うものですから、国
民の生活すべてを動員します。その中で誰しも加害者にも被害者にもなり得
るのです。

 自衛隊が世界有数の軍備を備え、海外派兵への道が徐々に大きくなってい
る今でも、わたし達日本人が戦場で戦う兵士というものを想像するのは難し
い。どうしても、血の通わない戦闘機械のような見方に傾き勝ちです。しか
し、彼らも、わたし達と同じ世界に住む人間なのです。

 戦争が人間性を破壊すると言いますが、戦争と言う抽象的な魔物が魔法を
かけるわけではありません。戦前の日本軍兵士は、貧しい農村からじゅうぶ
んな訓練も受けていないまま、補給路も確保されていない戦地に送られまし
た。洗脳のように植えつけられたアジアの人々への差別意識が、最初から略
奪が前提の様な作戦で何をもたらすでしょう。南京虐殺やマニラの火あぶり
等等は、そうした具体的問題が集積した必然として起こったのです。

 目を覆うようなイラクでの米軍兵士の残虐行為も、交戦規定の軽視、中東
の人々やムスリムの人々への差別意識の擦りこみ、デマによる恐怖の植え付
け、指揮系統の混乱、過剰な装備の投入など、政策の誤りの必然として惹き
起こされたものであり、兵士個人の暴走でかたづけてしまっては、公正とは
いえないと思います。

 片足だけでなく、PTSDの発作によって仕事も家族も失い、何度も自殺
を考えたマイク、二度目の召集で自殺を図るまで追い詰められながら戦友に
対する負い目に苦しむクリストファー、テロと戦争の違いはどこにあるのか
と問うリアム…。彼らはアメリカを愛し、自分の人生を他人の幸福のために
使いたいと思って志願した人達です。しかし、アメリカは、ブッシュは、殺
されたイラクの人の命にも、アメリカ兵の壊された人生にも責任を取りませ
ん。この作品が訴えるように、ブッシュは、イラク人、アメリカ人含め、こ
の世代をまるごとぶち壊したのです。政権が変わっても、真の敵はまだ、手
の届かないところでほくそ笑んでいます。

 ウィンター・ソルジャーを開いた反戦イラク帰還兵の会は、イラクからの
軍の即時撤退、帰還兵の福祉の実現、イラクへの賠償を要求しています。ア
フガンへの増派や、イラク撤退の大幅延期を発表したオバマ大統領には、彼
らの叫びが聞えていないかのようです。

 わたしは、以前宮沢賢治の童話「北守将軍と三人兄弟の医者」の作品論
で、殺されることはもちろん辛いが、人を殺してそれが罪に問われないこと
はもっと辛いかもしれない、と書いたことがあります。身体的、経済的、精
神的に苦しむ帰還兵がありのままの事実を人前で話す苦痛と勇気は、わたし
が想像できるような容易なものではありません。

 戦争の生き証人である彼らの声を聞けば、戦争は例外なく酷く、汚いもの
で、「よい戦争」「悪い戦争」の区別などあり得ないことが、改めて胸深く
刻みこまれるでしょう。

 あなたの大切な人と、彼らの声を聞きましょう。何度でも向かい合うべき
作品だと思います。

 この作品が、一人でも多くの人に鑑賞され、やがて、平和を求める日本市
民とアメリカ市民の連帯へと繋がっていくことを願ってやみません。

(ここまで)
[PR]
by hiro_sana | 2009-03-08 22:06 | 広島のイベント