イラク自由会議(IFC)と共につくる平和メディア「SANA」衛星テレビを広島からサポートしています!


by hiro_sana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

e0147720_215534.jpg

予定通り今夜のナレーション吹き込み作業終了しました.

男性ばかりになりましたが五人で分担しました.内容はブッシュの靴投げ事件インタビュー後編.怒りを込めて吹き込みました.

広島担当はこれで三回目ですが、少しずつ改善してると思います.

参加されたスタッフのみなさん、お疲れ様でした.
[PR]
by hiro_sana | 2009-01-18 21:05
都道府県男子駅伝と重なりますが、予定通り以下の日程でナレーション吹き込み作業を行います。

今週配信のブッシュ靴投げ事件に関する、現地イラクでのインタヴュー番組の後編です。こんな番組どこにもありません。がんばりましょう。

日時:2009年1月18日(日)16:00~19:00
場所:広島市まちづくり市民交流プラザ(マルチメディア調整室)


スタッフの皆さん、よろしくお願いします。
[PR]
by hiro_sana | 2009-01-17 20:46 | 広島のイベント
e0147720_21162126.jpg

e0147720_21162127.jpg

e0147720_21162131.jpg

ヒロシマからガザ虐殺をやめろ!の声をあげるため今夕6時から原爆ドーム前でキャンドルビジルに集いました


原爆ドームを背景にキャンドルで


FREE GAZA
ころさないで!


を書きました

インジャパン広島のメンバーも五人参加しました

日南田より
[PR]
by hiro_sana | 2009-01-16 21:16 | 広島のイベント
(転送・転載歓迎)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1/16 キャンドル・メッセージ 『FREE GAZA ころさないで』 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         呼びかけ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
祈りは 念は 動いた風は 必ずとどく
 殺されてしまった人、殺されようとしている人、銃をかまえている人に
 わたしたちは偶然同じ時代を生きているのに
 たすけてと叫ばれた声に 誰か返事をしてください
 いますぐ、たすけるから まってろ と
  どうか 返事をしてください
 けっして 声が宙に浮いてしまわないように

 小さなつぶやきでも
 世界じゅうで 「たすけるよ」といって つつんでください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ストップ! ガザ攻撃
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2008年11月5日に5ヶ月半の停戦終了、イスラエル
による封鎖の徹底。11月4日、パレスチナ人6名がイス
ラエル軍によってガザで殺されました。ガザからはロケッ
ト弾の連続発射。12月27日、イスラエル軍によるガザ
空爆開始。2009年1月3日、イスラエル地上軍侵攻開
始。1月12日の時点でパレスチナ側の死者は900名を
超え内、200名余りが子どもたち、イスラエル側の死者
は10数名と伝えられています。

また、白リン弾やその他国際法違反の疑いが濃い兵器の使
用が伝えられています。

そして、ガザ封鎖の影響で、医薬品の不足で亡くなる人た
ちが相次いでいます。さらに医療スタッフに対する銃撃も
報道されています。

このような中、イスラエル軍は12日、正規軍に加えて予
備役の投入を始め、さらに攻撃を強化する態勢を整えてい
ます。さらに大きな悲劇が起きることが懸念されます。

イスラエル政府を批判する国際世論が高まる中、私たちは
キャンドル・メッセージで、被爆地ヒロシマから意思表示
することを呼びかけます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実施要項
●日  時:1月16日(金)18時~19時
●場  所:原爆ドーム前
●集会名称:ストップ!ガザ攻撃 子どもたちの命のためのつどい
●内  容:キャンドル・メッセージ『FREE GAZA ころさないで』をみんなで描く
       スクリーンの映像と歌とスピーチ
●呼びかけ人:
青木克明/雨宮功/石岡敬三/石岡真由海/石口俊一/
宇野昌樹/岡本三夫/岡本珠代/嘉指信雄/北西允/
久野成章/佐々木孝/さとうしゅういち/実国義範/
高橋昭博/高橋博子/竹原陽子/田中利幸/利元克巳/
戸村良人/難波郁江/西岡由紀夫/新田秀樹/野間伸次/
浜根和子/林辰也/日南田成志/福間由紀子/藤井純子/
増田千代子/森瀧春子/山内正之/山田忠文/湯浅一郎/
横原由紀夫/渡辺朝香/渡田正弘
(1月13日現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平べったいティーライトキャンドル1個と
それを入れるグラス1個をご持参ください。
http://www.rakuten.co.jp/ohshukan/439023/441305/442341/
そのキャンドルの炎でメッセージを描きます。

イメージは、以下です。ご参照ください。
http://www.nodu-hiroshima.org/
2008年11月16日
http://simoiti1329.web.infoseek.co.jp/peace62/62-6.kyandol.51-60.htm
2003年3月15日

主催者として、かなりの数を用意していますが、
皆さんの一つ一つの気持ちを結集してください。
また、この行動にご賛同いただければ、お名
前(肩書きなし)を「呼びかけ人」の一人と
してブログには掲載させていただきますので、
お願します。ご検討下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【主催】
キャンドル・メッセージ『FREE GAZA ころさないで』実行委員会
【共同世話人】 
岡本三夫(岡本非暴力平和研究所 所長) 
森瀧春子(核兵器廃絶をめざすヒロシマの会共同代表) 
野間伸次(アムネスティひろしま)
田中利幸(広島市立大学広島平和研究所教授)
【連絡先】
(野間)090-3177-7336
     snoma@do7.enjoy.ne.jp
 http://freegaza.blog79.fc2.com/blog-entry-1.html
 チラシです
 http://www.d6.dion.ne.jp/~knaruaki/gaza1.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(転送・転載歓迎)
[PR]
by hiro_sana | 2009-01-14 20:43 | 広島のイベント
【転送転載歓迎】

(イラク市民レジスタンス連帯委員会)

イラク反戦情報は次のHPへ

イラク平和テレビ局in Japan http://peacetv.jp/
平和と民主主義をめざす全国交歓会http://www.zenko-peace.com/
週刊MDS http://www.mdsweb.jp/


※IFC(イラク自由会議)がイスラエルによるパレスチナのガザ地区攻撃を厳しく糾弾しています。(原文はアラビア語)
※原文は以下から:
http://www.ifcongress.com/Arabic/

(以下の日本語訳:イラク市民レジスタンス連帯委員会)

独立したパレスチナ人国家の形成こそが血塗られた復讐劇を止める道である
イラク自由会議 2008-12-29

 2日前からイスラエル軍はガザのパレスチナの民衆に対して国家的掃討戦争を仕掛けている、ガザのイスラーム集団が放つイスラエル市民へのミサイル攻撃を阻止するためだとする口実をもって。ニュースは、現在ガザでイスラエル軍が犯している一連の犯罪は、軍がガザからミサイル攻撃をしているハマースやその他イスラーム勢力のインフラを一掃するまで、引き続いてその緊張と射程を増すことだろうと伝えている。しかしこの(ミサイル)攻撃は一年以上に及ぶガザ住民への経済封鎖の後に始まったことであり、それはイスラエル市民へのそれらの集団のミサイル攻撃をせずにはいられなくさせたものなのである。

 長年続いている右派のイスラエル政府は、何十年も前からパレスチナ民衆に押し付けてきた民族的虐待の上に成り立っている。今日イスラエル軍が仕掛ける民族殲滅の戦争も、パレスチナ民衆を犠牲にしてその国家を永続させんとする支配的イスラエル右派の戦略実現の一環なのである。

 支配的でナチ的なイスラエル右派が犯す犯罪の数々は、世界が見ているその前で行われる、全ての人間性の価値に対するむき出しの嘲笑である。これらの犯罪はその(右派の)平和に関する主張の虚偽を暴くものである。平和への道というものは、何千という非武装の市民を飢えさせ、脅し、殺すことによってもたらされるものではない。それは数十年のパレスチナ民衆に対する民族的虐待の経験がはっきり示しているものである。

 今日パレスチナで起きている犯罪はガザからのミサイル投下を止めることはない。むしろ、それはテロの下地を強固にし、「パレスチナ人民の復讐」という名目で、パレスチナ、イスラエル、また地域全体の市民に対する、更なる連鎖犯罪が犯される結果を招くだろう。

 イラク自由会議はガザでイスラエル軍によって犯される犯罪を激しく非難し、この犯罪の即刻停止を要求する。平和を根付かせ、安全な生活をパレスチナ、イスラエル両民衆に作り出すには、独立したパレスチナ国家を作ることによってパレスチナ民衆への民族的虐待を終わらせることである。それこそがテロリズムの土台を一掃し、あらゆるテロリストグループを歴史のゴミ箱に押しのける方法なのである。
[PR]
by hiro_sana | 2009-01-11 21:29 | IFC関連情報