イラク自由会議(IFC)と共につくる平和メディア「SANA」衛星テレビを広島からサポートしています!


by hiro_sana
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2010年全交大会国内決議(その2)

2010年全交大会国内決議(その2)

6.新自由主義に対抗する地域変革の拠点・開かれた地域事務所をつくろう。被解雇者・失業者による仕事起こしを地域変革運動の中に位置づけ支援しよう。生産者と消費者をつなぎ、良質の商品を届けるフェアコープ事業は、グローバル資本の収奪、地域破壊に対抗する地域変革運動であり、非正規ユニオン運動・協同組合運動の未来を切り開く闘いだ。大きく発展させよう。

7.戦争と貧困に反対し、IVAW、IFC、沖縄、非正規労働者の闘いに連帯する全国的な学生・若者の運動を作り出そう。
①IVAW、IFCの若者との交流を継続し学習を進め、全国の大学・学校や地域で「イラク占領に立ち向かう」「イラク戦争検証映像」上映運動や「イラク子ども絵画展」に取り組もう。全国一斉でのイラク絵画・写真展や上映会等の行動に取り組もう。「検証委員会」の設置を求める運動に取り組もう。
②イラク・アフガニスタンへの出撃基地である沖縄基地撤去の運動に取り組み、基地撤去・ジュゴン保護を求める署名運動を進めよう。秋に対政府直接要請行動に取り組もう。
③12月、全国交流会を開催し全国の運動を交流しよう。2011年春「手を結ぶイラク・アメリカ・沖縄―全ての基地をなくそう(仮題)」上映運動や、IVAW連帯ソリダリティツアーなど企画しよう。

8.赤ちゃんからお年寄りまで誰もが安心して生活でき必要な福祉サービスを利用できる社会保障制度を公的負担で確立させよう。経済的弱者を排除する社会保険中心の制度から公費負担を基本とした制度へ転換させよう。
①「必要な人に必要な介護を保障する」公的介護保障を実現しよう。
②生存権を奪う生活保護の有期化をとめよう。生活保護を生存権保障の制度として抜本的に拡充させよう。生活保護ケースワーカーを増員させよう。
③市民に寄り添い、自治体責任でトータルサポートする「ふくし総合相談窓口」を全国の自治体に設置させよう。

9.医療崩壊から脱出するため、公立病院の廃止、民営化に反対し、公的医療の拡充で、患者に本当に必要な医療を提供できる医療供給体制を構築しよう。後期高齢者医療を廃止し、乳幼児から18歳まで、高齢者、障がい者の医療を無料にしよう。民主党政権の保険外給付・混合医療拡大や「新型」インフルエンザやメタボ健診で見られる、健康のためでなく大企業の利益確保政策と闘おう。

10.地域に市民発信メディアを作り、映像発信で戦争と貧困の社会を変えよう。
①第3回『戦争と貧困をなくす国際映像祭』を、2011年4月下旬、関東・関西をはじめ全国各地で開催しよう。これにむけ、10月に国際映像祭映像祭実行委員会を各地域で立ち上げよう。
②第3回を迎える映像祭は「戦争と貧困なくす」をテーマに、より多くの公募映像を全国から集め、社会的影響力のある国際映像祭として成功させよう。映像祭ホームページやYouTubeなどへの動画アップや合評会、地域上映会の開催など恒常的な市民メディア発信を進めよう。
③IFC・IVAW連帯、沖縄・反基地の闘い、非正規労働者の闘いなどをテーマに、運動をより広げ発展させるツールとして自らの主張や運動を対象にした映像制作・各運動団体で広めよう。映像講座を開設しよう。
④イラク・サナテレビ局、アメリカ・レイバー・ビートや、韓国メディア運動との連帯を継続し、強化・発展させていこう。作品を多言語に翻訳し世界に向けて発信しよう。

11.差別選別の競争教育・戦争国家づくりを支える教育を止め、「子どもの権利条約」をいかす地域をつくろう。排外と競争ではなく共に生きる教育をつくりだすために、子ども・市民・教職員が力を合わせよう。
①全国「学力テスト」結果公表、競争教育に反対し、障害のある子もともに学ぶ教育、学びあいの教育を進めよう。「習熟度」「学校選択制」止め、進学塾の参入など公教育の破壊を許さない地域行動を広げよう。
②自治体に対し、地域の中に子どもの健やかな育ち遊ぶ権利を保障する子どもの遊び場や施設の保障を要求しよう。子どもの権利を守る条例制定の運動を進めよう。
③朝鮮学校に学ぶ子どもたちの学習権侵害を許さず、朝鮮学校にも高校学費無償化を直ちに適用させよう。除外撤回要求署名に取り組もう。「朝鮮学校の高校学費無償化除外の撤回を」「給付制奨学金制度の確立を」など国連子どもの権利条約を基準に、教育の機会からのすべての子どもの排除を許さない運動を地域から作ろう。
④日本政府に国連子どもの権利委員会勧告に従うよう求めよう。2011年春、『全ての子どもの権利保障を!“国連子どもの権利条約”の履行を政府に求める国際シンポジウム』を広範な団体に呼びかけ関東・関西で開催しよう。
⑤歴史の歪曲・偽造を許さず、戦前の社会と教育、侵略戦争の歴史を子どもたちに伝え、多民族多文化共生の教育を進めよう。
⑥排外主義をあおり、戦争国家体制を支える教育づくりをねらう民族教育・民族学校つぶしと、子どもたちへの「日の丸・君が代」強制に反対しよう。子どもの人権擁護のために闘おう。
⑦教育支配のための「君が代」不起立を理由とした教職員処分に反対し、新勤評(教職員評価制度)を廃止させよう。
⑧沖縄、韓国の子どもたちとともに子どもが主体の、平和な未来を展望する『アジアはともだち!コンサート(大阪・11月21日(日)/東京・11月23日(休))』を成功させよう。
⑨学力テストアップや進学特色校だけへの教育予算の差別配分をやめさせ、必要な講師の確保や30人学級実施等、公教育の平等な予算措置を要求しよう。

12.教育の機会均等を保障する奨学金の返還猶予制度拡充と給付制奨学金制度を実現しよう。
①ブラックリスト発動を直ちに凍結し、返還猶予期間上限5年撤廃・「延滞金」充当順位見直しなど、「奨学金」制度の改善を実現し、返還当事者の「貧困化」を止めよう。
②「奨学金」返還延滞者に対する所得に応じた返還額の軽減制度を実現しよう。
③「給付制奨学金」制度の創設と学費減免制度をすべての高等教育機関に拡充し、教育と雇用をつなぐ政策への転換を実現しよう。

13.子どもたちの権利が尊重される居場所・フリースペースづくりを進めよう。
①子どもの出会いと学びの場として、フリースペースを多くの人に知らせ、さらに内容を充実させよう。ホームエデュケーション(在宅の子どもたちの支援)の活動を広げよう。
②子どもの学びの要求に応えられるようにスタッフを増員しよう。子どもの権利について親やサポーターの学習を行おう。フリースペース同士の交流を行おう。
③ワンコインサポーター、寄付金、助成金などを集め、活動を支える財政基盤を強化しよう。

14.『月桃の花』歌舞団新作ミュージカル『ワーキングプア希望宣言 フリーダム~ワタシは人間だ!~』の初演(2010年12月5日大阪/2011年2月27日東京)、全国巡回公演を成功させよう!「貧困」と「戦争」の根源は、グローバル資本の飽くなき儲けの追及にあることを暴き、私たちの「人間として生きる自由」に希望があることをステージで描こう。そして「フリーダム運動」(モノ扱いをやめろ!人間として生きる自由を!)を、ストリートライブ、エイサーまつり、レイバーカフェの地域変革の文化運動と結び、大きくつくりだそう。

15.インドネシア・コトパンジャン・ダム訴訟に勝利しよう。
①9.10東京地裁不当判決糾弾!「いかなる判決が出されようと勝利するまで闘う」との住民闘争協議会と連帯し、コトパンジャン・ダム控訴審裁判に勝利しよう。
②ゴム園売却を中心とした移転地生活の困難の具体的な改善を日本政府等に迫ろう。
③全世界で住民生活と自然環境を破壊する日本のODA即時中止を大きくキャンペーンしよう。
④NGOを取り込み推進する「オールジャパン」の国益ODA(政府開発援助)に対抗するため「反ODA国際会議」を来年開催する。

16.韓国併合100年を契機に、戦後補償の包括的解決を実現し、平和で民主的な「東アジア共同体」構築に前進しよう。
①8月22日(東京)29日(ソウル)で開催される「日韓市民共同宣言大会」を成功させ、「共同宣言」への支持を全国に広げよう。8月7~8日「『韓国併合』100年 日本と朝鮮半島の過去・現在・未来を考える」(龍谷大学響都ホール)に参加しよう。
②太平洋戦争被害者補償推進協議会の提起に応え、遺族の証言集会を全国で受け入れよう。韓国併合100年写真展等、地域で韓国併合100年・戦後補償を学び考える取り組みを進め、慰安婦問題等戦後補償問題解決を求める地方決議につなげよう。
③「2010 平和の灯を!ヤスクニの闇に キャンドル行動」(8月14日)を、排外主義勢力を圧倒する日本側参加者で成功させよう。11月11日から証人尋問がはじまるノー!ハプサ訴訟、結審・判決を迎える大阪・沖縄の合祀取消訴訟を大衆的な傍聴体制で支えよう。
④強制労働立法案、軍人軍属立法案の提起を受けて、来年の通常国会での法案提出を目指して、中央・地方レベルで国会議員の支援協力を広げよう。シベリア特措法の国籍条項撤廃を戦後補償運動の共同で実現しよう。

17.2011年1月、マニラでのAKCDF(アバカダカユマンギ地域発展基金)国際子どもピースフェスタを、大人子ども多数参加で成功させよう。
①AKCDF「子どものための平和地域宣言」に連帯して、子どもの権利条約の意義を踏まえ、子どもの人権を守る運動を地域からともに作り、ピースフェスタへの参加をつくりだそう。
②2011年AKAY支援ピースコンサートを平和な地域づくりと連帯して成功させよう。

以上の決議について大きく運動を広げ、2011年7月30日(土)~31(日)日、平和と民主主義をめざす全国交歓会第41回大会を関東で開催しよう。

2010年8月1日
平和と民主主義をめざす全国交歓会 第40回大会参加者一同
[PR]
by hiro_sana | 2010-08-25 21:01 | 全国のイベント